前へ
次へ

日本におけるVISAの発行方法は?

世界シェア率No.1のVISAが日本で初めて発行されたのは1968年。三井住友カードがバンク・オブ・アメリカと国際提携したことが始りです。日本においては、VISAからライセンス権利を得た業者がVISAブランドのクレジットカードの発行や加盟に関する業務を行っています。三井住友VISAカードは、日本で初めてVISAカードを発行した会社です。歴史的経緯においても日本を代表する名門のクレジットカード発行会社の一つだと言えます。そんな三井住友カードといえば、プロパーカードである「三井住友VISAカード」が有名です。種類が豊富で選びやすいのが特徴で人気が高いです。そして現在、日本国内でVISAから直接ライセンスの供与を受けてVISAカードを発行している会社(プリンシパルメンバー)は23社あります。この23社以外でVISAカードを発行している会社もありますが、その場合はプリンシパルメンバーに属する企業と提携して、加盟店開放によるライセンス供与を受けた上で発行しています。

Page Top